打ち上げ安全確保基準概要     2014-4-rev

               モデルロケット/模型ロケット打ち上げ安全確保基準
safety-area

エンジン 全力積N・S 火薬:*>g 確保距離* ライセンス ・ウインド コックを考慮してランチャーをセット(max30度)
2.5 5.7 >15m 4 ・太陽を背にした配置が良い
5 10.6 >30m 4 ・発射台、打ち上げ準備所から20M以上離れた場所でも
 認定された場合を除き原則火気使用
禁止
10 20 >30m 4
20 20< >60m 3 ・風速8M以上では打ち上げ中止
40 20< >60m 3 模型ロケット、火気厳禁、関係者以外立入禁止、危険区域 の
 標識札を掲示消火器、防火用水を備える
80 20< >60m 3
160 20< >60m 3 ・不点火の確認は30秒経過後に実施
* 確保距離はエンジンのサイズで異なる。このエリアに建物、
 高圧線など無い事。
・D-Gエンジンは知事の譲受・消費許可が必要
・管理者は腕章/従事者名標示の札を付ける
模型・モデル ロケット/湘南ロケット(ケイテック ・モデルロケット発射場、立入禁止、カラーコーンを境界の要所に
 掲示/設置
ロケットトップへ ロケットキット商品へ アクセサリ商品へ スタータセット商品へ 自主消費基準へ