自動車エンジン点火装置点検用プローブ             2015-7 
        イグニッションプローブ、オートプローブ、COPプローブ、eCOPプローブ
  直結点火コイル方式(DIS/direct ignition system)、点火コード形式(Distributer, HT/high tention cord)
  点火装置の位置(場所)・形状・周囲スペース等を考慮して選択します(エンジン稼働中は回転・振動等による不安定にご注意)
  各社・各種の自動車整備に於いては、複数ご用意される必要もあります
  (エンジン部の回転,振動,高温下でのご使用には,事故が起きない様にお取り扱いください)
 価格・納期など,お気軽にお問い合せください       mail
COP probe:PP338(ケーブル別売) COP new Flexible probe:TA204(PP357ケーブル付セット)
   
センサーはL形の棒状  Pico technology(英国製) センサーは高感度・パドル形
ロッドは曲げ可能で汎用性の高いプローブ

インジェクタ,アクチュエターのチェックにも使えます
eCOP Ignition picu-up (probe)

DISに置いた場合



                                eCOP汎用形プローブ (ケーブル別売)  ATS 米国製
DISのヘッドに置いた場合
HTコードに付けた場合
4本,8本組(色違い)有り 装着はベルクロテーブ(マジックテープ)留めが便利です
              TX-25A/PP178/MI074  オートプローブ:HT用プローブ(自動2輪車用、旧型4輪自動車用)
 左上のクリップでHTコード(シリコーン被覆)をはさみます。 右上のBNCコネクタをオシロへつなぎ観測します (1.8m)。
 中央の大きいクリッピはアース(グラウンド)用です。ノイズ除去や感電等起きないように,アースは確実に取ります。
 使いやすいく,安定的に点火パルスをピックアップ DIS式にも感度は落ちますが利用可 TEXAS(Hkg)
 Mearusement:Kilovolts value of ignition systems with Distributorless system (DIS) or conventional ones.
   ご使用上のヒント注意事項
 センサー型プローブとオシロとの接続には通常BNCケーブルを使用します。
  車用にはアースを取りやすくした,アースクリップ付きがあります。
 BNCの代わりに,バナナプラグ使用のオシロにはバナナプラグアダプタ(ケーブル付きもあり)を使用します。
 先端部(導電性の場合)は直接オシロヘつながりますから、高電圧には直接触らないにします。
 オシロはアナログ式(ART),デジタル式(DSO)オシロが使えます。
   1MΩ入力に対応,入力容量xpfは不問。
   オシロの帯域は,パルスの過渡特性を観測出来る帯域、数Mhz(DCから-3dB点で規定)以上,100Mhz程度必要です。
   帯域が不足すると波高値が低くなり,立ち上(下)がり部が丸く表示されます (車のバス制御信号のCAN LINなど観測には
   数10Mhz必要) 広帯域の200~500Mhz以上では,周囲のノイズ等を拾い易く,扱いにくくなります。広帯域型は研究開発向
   オシロスコープの入力耐圧は250~300V(アナログ式では600Vもあり)入力オーバになる時は10:1のプローブを使います。
   オシロもプローブもアースは,安全のためノイズ低減のため,確実に取ります。
  
デジタルは波形保存や静止波形が得られて便利です。しかし低速信号では表示に時間が掛かります。サンプル数によりますが
   数秒~数10秒間掛かる場合もあります。ロールモードで改善出来る場合もあります。
   デジタルでの時間は等価的な時間です(1秒は実時間の1秒ではありません)
   上記の帯域の他に,サンプリングスピード(SS)を考慮する必要があります。例えば,10Mhz帯域のオシロにはその数倍
   50Mss~100Mssを推奨します。2~3倍では十分な波形の形成が出来ない*場合もあります。
    (例えば,1Khzの正弦波を1Khzでサンプルすれば、1点のみサンプルされ、補間アルゴリズムを使っても正弦波の波形にはな
    りません)(*特に時間軸が速い時)  帯域:Mhz<<サンプルMss 
   将来自動車診断装置へ発展させる場合,それに適合するオシロをお使いください.例えばPico 4425/4chや4225/2chなど。
   オシロ自体は特別な仕様ではありませんが,ソフトにより,各種観測の設定が容易です。
    USB接続(パソコン接続)型と独立型が有ります。
  アナログ式は信号の速度(エンジン回転)に比例した表示が得られますから,人間の感覚にマッチした表示になります。
   1秒は実時間の1秒です。 波形の保存はカメラで撮影して行ないます。
 トリガ信号は入力信号を使いますが,ノイズなどが含まれています。より安定した表示には,アダプアタを使い,外部トリガ
  入力につなぎます(あるいは、開チャンネルに外部トリガをつなぎます)。
 トリガ信号は,オシロのトリガ信号選択(パネル上にあり)のノイズ除去,高周波除去などを選択すれば、
  より安定した表示が得られる場合もあります
 これらの機器/工具のご使用で、生命・財産に損害が発生致しましても、MAKER、販売店とも補償致しかねます。
  その他の関連品・アクセサリなど       関連工具/TOOLのページ
      センサー部とケーブルが別々になったHT用プローブ        COP用アース/グランド付き3mケーブル
    (左/TA000:BNC-バナナ 右/TA033:BNC-BNC)
       
      外部トリガ源用ピックアップ(クランプ式 1.8~3m)Trig-p-up
 基になるクランク信号をピックアップして,イグニッションやその他の信号を
 オシロへ安定して表示します。 ミスファイヤ時でもイグニッションや
 各種信号を確認/表示出来ます。
DIS延長コード:TX-25Aなど,コード延長部をクランプして観測出来ます
(TA037,1本  PP400,4本組)
 
   
        簡易型イグニッションチェッカー ノブを調節して感度を変え,LEDにより点火情況を確認出来ます 
       
     Distributerless/Direct ingntn system(DIS)テスト,チェック情況             Distributer HT式点火
     
 Link:▶ ケイテックTOP  自動車診断工具ツール   自動車診断パック     店舗情報    ご注文送料等   メール/お問い合せ